Webサイトの仕組みと役割。ホームページとの違いは?

営業部
2023年7月15日

最近よく耳にするWebサイトやホームページ。「言葉は知っているけれど違いがわからない」という人も結構、多いのではないでしょうか。また、Webサイトにはいくつも種類があります。それぞれのWebサイトで使い方や目的、役割が異なります。今回はWebサイトとホームページの違いや仕組みについてお話しさせていただきます。最後までお付き合いください。

Webサイトとホームページ

Webサイトとは?

Webサイトとはインターネットにある同一のドメインを持つ複数のWebページの集まりのことです。Webページとはインターネット上にある一つひとつのページを指します。
「イセン印刷」を例にWebサイトとはどのようなものか?

まずページのURLにある「isenprint.co.jp」というドメインをもつWebページが集まって、「イセン印刷」のWebサイトが作られています。つまりサイト全体がWebサイトということになります。

ホームページとは?

皆さんはまずインターネットを利用するときにブラウザ(※Google ChromeやMicrosoft Edge)を立ち上げると思います。

その時、最初に開いたページのことをホームページと呼びます

ホームページの「ホーム」には、拠点・出発点という意味があり、すなわちWebサイトのスタート地点がホームページということになります。
本来は「Webサイト」と「ホームページ」は違う存在ですが、日本では現在、同じ意味としてとらえることも間違いではありません。もしかするとWebサイトよりホームページの方が皆さんには馴染み深いかも知れません。

Webサイトの役割と目的

Webサイトには色々、役割が違い、それぞれ目的が異なります。

それぞれの役割や目的の違いをさせていただきます。

コーポレートサイト

コーポレートサイトは企業サイトとも呼ばれ、企業情報や活動内容(ブログ)お知らせやお問い合わせなどを掲載するのが一般的です。
目的としては、自社のことをクライアントや今後の取引相手となりそうな相手
(BtoBでは、企業BtoCでは消費者)に向けて伝えることです。主に企業情報を掲載する公式サイトとなるので名刺のような役割という考え方になります。
自社で取り扱う商品をWebサイトに掲載すると問い合わせや資料請求、もしかしたら「即受注」に繋がることもあります。逆にコーポレートサイトがないと、顧客からの信頼が得られず、不信感を抱かれ、折角のビジネスチャンスを逃してしまう事にもなりかねません。なのでコーポレートサイトは重要なのです。

ECサイト

最近よく耳にするECサイト。オンラインショップ「電子商取引」とも呼ばれ、インターネット上で商品を販売することを目的としたWebサイトです。
24
時間365日いつでも購入できるため、
販売者=売り上げに繋がる。購入者=好きな時間に購入が出来る。
という両方にWinWinなサイトになります。ECサイトは、使いやすさや検索機能、決済機能などの便利さでも利用者から高い支持を得ています。
売り上げアップはもちろんの事、リピート購入や継続的な利用客の確保を狙いとしています。この様な顧客が増えれば別の商品の購入につながる可能性も出てきます。EC市場の規模はこれからも伸びると予想されておりECサイトを活用している企業も多くあります。

ランディングページ

ランディングページはユーザーに行動を起こさせる1ページの縦長のページのことを指します。これは主に「お問い合せ」や「資料請求」、「購入」といった、いわゆる「成約」まで辿り着かせるページです。

商品やサービスの申し込みをしてもらうことが目的なので他のWebサイトとは少し違います。
ひとつのページに、企業の実績(「業界No1」や「年間販売数〇〇万個」など)商品やサービスの特徴やお客様の声、購入方法などの情報があるので、最後まで読んでもらいやすく、購入やお問い合わせなどの「成約」への訴求力が高いことがメリットです。ただし、ランディングページの作り方で「成果」にリアルに反映し作り方ひとつ間違えれば全く商品が売れなくなりますのでリサーチや必要な情報を精査しなければなりません。ランディングページは、広告からの集客や検索流入で見込み客を集客するのが基本です。そのため、SEO対策や集客活動を行う事が必要です。

他にもブランドサイトやプロモーションサイトなどがありますが、今回は割愛させていただきます。

まとめ

今回お話ししたWebサイトとホームページですが主にWebサイトに注視した記事にさせていただきました。それは私達、印刷業界もルートセールス中心の商法からWebを活用した商法に変わってきています。現在は近畿二府四県での商売ですが近い将来、全国の医療機関を相手に商品やサービスの提供が出来ればと考えております。それにはWebサイト、ホームページは切っても切れない存在になり、それらをどれだけ充実させるかによって「見込み客の獲得」→「成果」→「顧客生涯価値」に繋げられるかが鍵となります。
皆さんも自社に置き換えて考えていただければ幸いです。
コロナで様々な業界で「ものを売る」方法が大きく変わりました。
しかし時代は無情にも流れていきます。このまま指をくわえていては良い結果は生まれません。今、Webサイトやホームページを積極的に活用されている方、これからWebサイト、ホームページを立ち上げられる方、この便利なツールをどんどん活用し明るい社会を築いていきましょう。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。