簡単!整列!テキストを上下の中央に配置する

デザイン部
2020年10月15日

 

 

何か制作する上で、必ずと言っていいほど行う「整列」。オブジェクトの上下中央に文字を配置するのがどうにも苦手…。

「整列」の「垂直方向中央に整列」しても少しだけ上にずれてしまうんですよね。そこから手動で動かしてみたり、ガイドをひいてみたりするのですが、なかなかうまくいきません。また、時間もかかります。

それをアウトラインをかけずに(あとで文字の編集可能なまま)中央に配置する方法を共有したいと思います。

 

方法は1つだけではない

テキストボックスを使う

この方法でもセンターに配置はできますが、文字のptを拡大・縮小 した時や文字間の調整など再度文字を修正する際にテキストボックスの大きさまで調整する 必要があります。 1つだけ修正する場合はそんなに大変ではないですが、今後どんな変更が来るかわからないデータに使うには リスクが大きいように思います。

 

文字にアウトラインをかける

一番簡単な方法ですが、文字の修正ができなくなってしまいます。

「修正しやすいデータ作り」を考えた時にこの方法をとる人はほぼいないと思います。

では、アウトラインをかけたような状態で尚且つ文字の編集も可能にする方法は?

ここからが今回の記事の本題です。

 

アウトラインをかけずに文字をセンターに配置

 

プレビュー境界を使用

整列パネルオプションから「プレビュー境界を使用」にチェックを入れます。

 

「プレビュー境界を使用」とは?

通常(「プレビュー境界を使用」にチェック無)は、整列の際にパスが基準となります。チェックを入れると、パス基準ではなく外周の縁基準になります。

チェックをつけっぱなしにしてしまうと、変更した際にズレが出てしまったりとミスに繋がることもあるので、使用後はチェックを外しておいた方がいいと思います。

 

 

オブジェクトのアウトライン

アピアランスパネルから「パス→オブジェクトのアウトライン」

整列したい文字とオブジェクトを選択

整列の水平方向中央に整列+垂直方向中央に整列で上下のセンターに文字が配置されます。

ちなみにですが、オブジェクトのアウトラインは、ショートカットキーを指定できますので、よく使用する方は設定しておいてもいいかもしれません。

注意!使いどころを間違えると…

アピアランスの効果がかかっている場合など、オブジェクト・文字が複雑な場合は注意が必要です。

下に配置するオブジェクト・センターに配置したい文字どちらかにアピアランスの効果がついている場合はセンターに配置できません。

下記の例でいうと、プレビューの境界線=赤のライン となっています。

黄緑の枠の中央に文字を配置したいが、「プレビューの境界線を使用」にチェックが入っているため、本来の黄緑の四角のパスと文字のパスでは整列されません。

黄緑と水色を合わせた赤のラインのセンターに配置されるようになります。

 

まとめ

どんな場面でも使える万能な機能!!…ではないですが、なかなか使える技ではないでしょうか。

今回メインで紹介した「文字を上下のセンターにそろえる」だけでなく、他にも使いどころがあるのでいろいろ試してみるのも面白い発見があるかもしれません。

是非一度ご自分で試してみてください。